行政書士の勉強時間

行政書士の科目・問題形式を確認

行政書士の科目・問題形式を確認

行政書士の勉強時間を見積もるときは、この試験の独特の合格・不合格の判定システムや試験科目の内訳に注目したほうがよいでしょう。

試験科目を全部もれなく記載すると、以下のようになりますね。

1.法令科目(合計46題)

・憲法
・民法
・商法
・行政法
・基礎法学

ただし、行政法については以下のように区分できます
・行政手続法
・行政不服審査法
・行政事件訴訟法
・国家賠償法
・地方自治法

法令科目は、行政書士の受験勉強の過半数を占める重大な範囲となりますね。
ひと言付言すると、法令科目は、その年の4月のころの日付を選んで「その時点で施行されている法令」に関して、問題がつくられるという慣例があります。
法令はめまぐるしく改正が行われるものですが、その年の何月何日の時点の内容なのかを必ずチェックしないといけません。

2.一般知識科目(合計14題)

・政治・経済・社会
・情報通信・個人情報保護
・文章理解

そして、試験科目の内訳にプラスして、試験の出題方式も知っておく必要があります。

1.択一式問題

「法令科目」と「一般知識科目」の問題のほとんどがこの方式で出されます。
字にあるとおり、複数の選択肢の中から、問題の意向にいちばんふさわしいものを選んでマークします。

2.記述式問題

こちらは「法令科目」の一部にしか例年出てきません。
マークシート方式ではなく、問題の趣旨に合わせて文章を作成して回答しないといけません。
ただし文字数は40文字程度しかスペースがなく、複雑な論文のような回答を要求されるわけではありません。