行政書士の勉強時間

行政書士試験の合格率

試験の合格率

後段になりましたが、ここからは行政書士の試験の全体像を見ていきます。
まずは試験の合格率から、この試験の難易度について解説します。

<過去の試験結果>

 

受験者数

合格者数

合格率

平成18年度

70713

3385

4.79%

平成19年度

65157

5631

8.64%

平成20年度

63907

4133

6.47%

平成21年度

67348

6095

9%

平成22年度

70586

4662

6.6%

平成23年度

66297

5337

8.1%

平成24年度

59948

5508

9.2%

平成25年度

55436

5597

10.1%

平成26年度

48869

5597

8.3%

平成27年度

44366

5820

13.1%

これから行政書士の勉強を目指すみなさんが、まず圧倒されてしまうのは、この受験者数の多さではないでしょうか。行政書士の試験には受験資格がないので、多くの人が集まりやすく、毎年約5万人もの受験者がいます。しかしながら動じることはありません。その理由はこうです。

平成22年度の受験者数は70586名です。その半数35000名は、ほかのページで述べた通り、初回の受験者だと言えます。そしてこのことも述べたとおり、その半数16000名は、翌年の試験会場にはいません。3年目はさらに半減します。

つまり行政書士の試験会場には、満足な準備もせずに試験を受けている人もたくさんいるということです。もちろんみなさんには1回の試験で合格していただきたいと思いますが、3年連続して受験をする根性のある人は、全体の1/4ほどです。

そう考えると合格率8%程度というのは見た目の数字であり、実質的には低く見積もっても15%前後というのが管理人の見方です。蛇足ですが、このことは社会保険労務士や土地家屋調査士など、行政書士と難易度が同じレベルにある試験についても当てはまります。

行政書士の試験には明確な合格基準が設けられています
●行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、122点以上である者。
●行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、24点以上である者。
●試験全体の得点が、180点以上である者。

要はこの合格基準、肢きりにひっかからずに、出題の60%以上をクリアできれば必ずも合格できます。
通学か通信講座か独学か、学習法のいかんに関わらず、過去問演習、直前模試当でコンスタントに70%正解できる学習レベルに達していれば、初回の受験であってもほぼ確実に合格できるわけです。

そして通信講座や通学講座の多くは「70%得点の学力養成」をテーマにカリキュラムを組んでいます。

⇒行政書士の勉強時間を減らす今話題の勉強法
フォーサイト